野尻湖ワカサギ釣り おすすめ仕掛け

スポンサーリンク
ワカサギ釣り
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

長野のバス釣り情報を発信するつもりが、野尻湖わかさぎネタが多めです…笑

ってことで、仕事終わりに、上田の『アウトドアステーション バンバン』さんで、わかさぎの仕掛けを購入してきました!

どれもバンバンオリジナルの野尻湖バージョン仕掛け!

野尻湖わかさぎケイムラ

前回の釣行でケイムラのパワーを実感したので、『野尻湖わかさぎケイムラ』

ターンオバーの時期や、強風で水が濁ったときに威力を発揮する仕掛け。
近眼のわかさぎ(そもそも魚のほとんどは近眼です)にも、ケイムラの力で強烈にアピールします。

野尻湖わかさぎ競技

タフコン時に力を発揮しそうな、やや長めのハリスとなっている『野尻湖わかさぎ競技』

タフコンディション等、魚が人為的な動きを嫌うときに、より自然にエサを落としてアピールする仕掛け。
食い渋ったときや、フカセ気味の誘いが有効なときに威力を発揮。

野尻湖スペシャル深場段差

高活性時に効率よく釣れそうな『野尻湖スペシャル深場段差』

魚の活性が高いときは、全長もハリスも短いこの仕掛けで決まり。
ハリスが短いので、釣人の誘いも仕掛けに反映されやすく、メリハリのある動きが印象。

ワカサギ仕掛けで4本針を選択する理由

今回は、どれも4本針を選択。

初めての方からすると、

「針は多いほうがいいんじゃないの?」

と思われる方もいるかもしれませんが、自分が選択する理由は二つ。

効率的なエサ替えができる

1つ目は、エサ替を効率的に行えること。

1つ目については、ワカサギ釣りで重要なのは新鮮なエサで誘うことです。
自分が使うエサは「サシ」が多いのですが、半分に切ってつけていると、中身のエキスが水中に拡散され、白くふやけてきます。
ワカサギはエサを゛食べる”というよりも、エサからエキスを゛吸う”ため、中のエキスが出きったエサだと、魚を引き付けることはできません。
針が何本もあると、エサ替えに時間がかかり、水中に仕掛けをいれる時間が少なくなってしまいます。
多点を狙うのもありですが、
いかに新鮮なエサがついた仕掛けを水中に入れておけるか
を重視している自分にとって、4本針は好都合なんです。

手返しを重視

2つ目は、仕掛けが短くなり、取り回しが楽になること。
2つ目は、仕掛けが短いと、ワカサギを外したり、エサを替える際に、仕掛けが絡まったり、靴下やズボンを釣ってしまうリスクを大幅に減少できます。笑
効率的にエサ交換を行い、水中に長く入れておくためにも、短い仕掛けは有利というわけです。

その他

また、バンバンのオリジナル仕掛けは、がまかつ製なので、フックにナノスムースコート加工を施されてるのが嬉しい!
使ってるうちに針先の鋭さが落ちていくものですが、個人的にがまかつはその落ち方が緩やかで、エサ交換もスムーズな印象。

まだ使用したことない仕掛けなので、使うのが楽しみだなー
新しいルアーやワームを使う感覚に似てますね!笑

次回のワカサギ釣りは3月9日の予定なので、それまでお預けです…

↓2019年シーズン、最新の野尻湖ワカサギ釣行の記録です↓

2019年12月2日 長野県野尻湖 ~2019シーズン初!野尻湖でのワカサギ釣り~
2019年野尻湖バス釣りシーズンが終わると、ワカサギ釣りのシーズン開幕!全国でも有数のワカサギ釣りの有名ポイントであり、水深25mに迫る深場が特徴。基本は屋形船での釣りになるため、防寒具等も不要で身軽に行けるのも魅力。...
ワカサギ釣り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とっつーをフォローする
スポンサーリンク
とっつーの週末野尻湖、毎日陸トレ

コメント