2019年9月1日 長野県野尻湖~五十嵐cupに参戦!ペアの部6位~

スポンサーリンク
野尻湖
スポンサーリンク

先日行われた晩夏の五十嵐cupのペアの部に、いつもお世話になっているノボリさんと翌週のチャプター最終戦のプラも兼ねて参戦してきました!

結果は、ペアの部6位と微妙でしたが、終始楽しく釣りができましたし、何よりその技術や考え方、アプローチ等を間近で見られて大変勉強になりました!

そんな個人的に非常に良い経験となった大会当日を振り返ってみます。

スポンサーリンク

そもそも五十嵐cupとは?

野尻湖に通われている方なら知らない人はいない五十嵐cup。

野尻湖で開催されるトーナメントの中で、最もお気軽に最も楽しく釣りができる当大会。

現役のJB選手はもちろん、元JB選手や現役のチャプター選手、バスオブの方も参戦しており、総じてレベルが高いのも特徴。

以前、参戦した時の記事に少し詳しく書いてあるので、そちらをご参考にしてみてください。

あさイチにバイト連発も…

朝のミーティングを終え、7時半にスタート。

朝のミーティング風景。ここには写っていませんが総勢50名超。県外からの参加者も多く、皆さん本当に釣りが好きすぎです。笑

スタート直後、朝一番に入ったのは二人がよくいくフラット。笑

同じくペアの部に参加の宮島ペアとの一枚。運営の豊嶋さん、撮影ありがとうございます!

時折ボイルもしており、魚探の映像も悪くなく、雰囲気的には釣れそう。

朝の無風時に釣れる魚は総じて大きい印象で、まさにそのファーストフィッシュをノボリさんがキャッチ!

約1,100gのキッカーフィッシュ。本当に引きが強くて、5分以上格闘のうえやっと釣りあげた魚。

(来週の本番でこんな魚が釣れたらたまらんな…笑)

おっ!これはこのままいけるか?と思ったけど、そうはうまくいかず、1匹目から約1時間後に自分が800gクラスを追加。推定ウェイトは1,900gで、あともう一本良いサイズが入ったら上位に絡めるかな?という感じ。

時折映るフィーディングの映像や周囲で起こるボイルに翻弄され、午前中はストップフィッシングで昼休憩。

今振り返ると、朝の2バイトで終わってしまっている現状に気づき、展開なり釣り方を変えるべきでした…汗

試合ですが昼飯上陸が許可されている珍しい大会。笑
魚は釣れてないけど、大会会場でもあるスピンネーカーさんの美味しい生姜焼き定食に大満足。これで午後釣れれば文句なし!

午後はNBNFで惨敗

午後は特に書くことなし。笑

結局、複数エリアを回るもノーバイトノーフィッシュ(俗にいうNBNF。笑)

魚探に良い映像が映るけど、魚は口を使わない!というこの時期ならではの状況になってきました。来週の試合も厳しそうな予感…。

例年、これからの時期は厳しくなり総じてウェイトも落ちつつある(昨年の第5戦は1,900台でお立ち台とタフコンディションでした)ので、裏を返せばしっかり釣れば上位入賞のチャンスも出てくる。

来週は仕事の関係で前日プラに入れないため、ぶつけ本番となりますが、今日の釣れなかったという情報も参考に、戦略を組み立てていきます。

最終結果はペアの部6位

先述の通り、最終結果は1,900g台でペアの部6位。

あともう一本釣れていれば…それでも2バイト2フィッシュなのでミスなく終われたのは収穫です。

一昨年の優勝コンビとしては物足りない成績です。笑

一昨年優勝時の写真。この日は釣れに釣れて、900g釣っても小さいといって即リリースするような理想の展開でした。笑

最終結果は振るわなかったものの、この大会に参戦するもう一つの目的が豪華な賞品!

数多くの協賛品。これも運営の皆様はじめ主催の五十嵐プロの人脈ですね。自分は真ん中奥にあるランディングネットをゲット(写真:プロアングラー五十嵐誠公式Facebookより)

今回も釣り竿にビッグベイト(レイドジャパンのダッジや、デプスのブルシューター等)に、ルアーにワームに食料品にと、素晴らしい品揃え。

主催の五十嵐さんのスポンサー企業をはじめ、事務局の方々のご尽力の賜物だと思います。本当にありがとうございます!

自分も今回はチャプターで使用可能なランディングネットや各種釣り用品を総額6,000円超もいただいてしまいました(ペアの部参加費が2,000円/人なので釣りに行って4,000円儲かってる計算に…笑)

次は来年の春かな?にもあると思うので、お時間が合いそうな方は是非参加してみてください!

参加された皆様、ならびに事務局の皆様、大変お疲れ様でした!

野尻湖
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とっつーをフォローする
スポンサーリンク
とっつーの週末野尻湖、毎日陸トレ

コメント