2019年5月1日 野尻湖~ボトスト中心に令和元年初バス~

スポンサーリンク
野尻湖
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社の上司と出撃

時代は変わって令和元年!
平成生まれの自分として、平成以外の時代を生きるのは初めて…
特になんだってわけではないのですが。笑

この日は以前、ルアーをたくさん分けてくださり、自分のチャプター参戦を応援してくれている上司とそのご友人の方と野尻湖に行ってきました。

ハードルアーを100個以上もらったという嘘みたいな本当の話
ある日部長に呼ばれた 自分の職場の部長はバス釣りを始めて経験は浅いものの、一昨年に野尻湖でご一緒してからスモールマウスに魅了され、それから年2-3回は遊びにきてくれます。 先日、そ...

午前中はワンバイトのみ

今回の上司のご友人はなんと言おうと、生粋のビッグベイター
春の野尻湖に持ち込んでいただいたタックルは、ベイトロッド4本にスピニング1本(ベイトはEXHが2本)!
アラバマ、スピナベ、メタルバイブに抑えのI字形。これまた自分の対野尻湖の引き出しには全くないジャンルです。笑

自分が野尻湖のオーソドックスな釣り方、上司がほぼ初心者、ご友人がビッグベイターということで、釣果的に追い込まれるまでは、お二人の釣りスタイルに合わせた展開に決定。
具体的には風下のシャローに点在するストラクチャー(岩、倒木、桟橋等)を中心に、高活性のバスがエサを待ち構えているような場所を各々が好きなルアーでアプローチしていきます。

結論から言うと、午前中はワンバイトのみ。
ご友人が抑えで用意していたI字形に30cmクラスがバイトしたのみで終了。

通常、ストラクチャーに絡める釣りでは、その釣り方が合っていると5投以内に答えが返ってくるもの。
粘りに粘って1バイトということは明らかにこの状況に対し、我々のアプローチが合っていないことは明確でした。

午後は2バイト2フィッシュ

午後も風が変わったタイミングで状況が好転するのを期待して、午前中と同様のアプローチをするも無。

なのでいつもの釣りにチェンジ。

2019野尻湖解禁のド定番!春のミドスト~フックで変わるアクションの使い分け~
ミドストとは? 主に初春~5月初旬(水温6~12℃前後)の攻略法の一つであるミドスト。 「ミッドストローリング」の略で、ジグヘッドに魚を模したワームをつけて、シェイクしながら中層を引いて魚を食わせます(中層ではなくボトム付近を引いてアク...

変更後、1投目からキロアップ!

 

 

 

 

 

 

場所を変えてもバイト!

 

 

 

 

 

 

(似たような写真ですが、違う魚です笑)
明らかにこの釣りが合っていたため、お二人にも粘ってやっていただきますが無念のタイムアップ…。

反省点

そもそもお2人の望んだパターンで釣れなかったこと…(強気の釣りは苦手です…)
なによりも、スタイルを変えてまで狙っていただいたのに釣れなかったこと!!

やっているリグも狙ってる水深も一緒なのに、食わないってことは、動かし方や具の種類、色等げ要因を考えられます。
通常、このぐらいの時期は、そんなことも考えなくても釣れた気がしますが、今年は何かが違うのかなぁと。

刻一刻と変化していく野尻湖。
この変化についていけないと、大変なことになりそう…笑

野尻湖
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とっつーをフォローする
スポンサーリンク
とっつーの週末野尻湖、毎日陸トレ

コメント